相続税対策・相続相談

  1. トップページ
  2. 相続税対策・相続相談

相続税の申告義務

相続には申告が必要です。

全ての相続人が取得した財産の合計額が、基礎控除額(3000万円+600万円×法定相続人の数)を 超える場合は相続税の申告が必要です。

相続税の申告は非常に複雑で、特例も多く知らないと 損をすることがあります。

また、2次相続のことを考慮して遺産分割をしたほうがいい場合もあります。多少費用はかかりますが、専門家に任せたほうが安心です 。

渋谷大輔税理士事務所では、遺産分割のご相談と相続税の申告の代行を引き受けます。 相続税の申告が必要かどうか不安だという方もお気軽にご相談ください。

相続税対策の具体的方法

相続税対策をするためには、まず相続税額の試算します。

現実を把握するために、もし今相続が発生してしまったらいくら相続税がかかるのかを試算します。

そして、その税額を減らすためにはどうすればいいのか、納税資金はどうやって確保するのかを考えます。

どの方法を選ぶのが最適なのかはその人の状況に応じて変わります。少しでもご依頼者さまのご要望に沿えるよう全力でサポート致しますのでまずはお気軽にご相談ください。

所在地
〒125-0053
東京都葛飾区鎌倉3-57-10
電話番号
03-5876-8158
FAX番号
03-5876-8159

時間外や土曜日・日曜日の対応も可能です。